白鳥 誠 千葉市緑区市議会議員

プロフィール

1958年 (昭和33年1月30日生まれ)
1976年 千葉県立木更津高校卒業
1981年 立教大学を経て、そごう百貨店入社(1999年まで18年間、有楽町そごう勤務)
2003年 衆議院議員公設秘書
2007年 (4月)千葉市議会議員選挙において緑区より出馬。7.461票を獲得し、初当選。
2011年 (4月)千葉市議会議員選挙において緑区より出馬。7,557票を獲得し、2期目当選。
2015年 (4月)千葉市議会議員選挙において緑区より出馬。6,289票を獲得し、3期目当選。
政治理念 市政報告 収支報告書 ご意見

市民満足度を高めるために!

2007年4月、千葉市議会議員選挙に初当選させていただいてから、「市民満足度」を高めることを政治信条として議員活動に取り組んでまいりました。いまも私は、その思いは変わらずに、熊谷市政を支えながら、市政を取り巻く環境変化に対応するために必要な変革を訴え、行財政改革に取り組んでいます。

千葉市は、少子超高齢化が一層進んでいるなか、依然として全国の政令市中最悪の財政状況にあります。過去のツケは大きく、毎年の借金返済額は今後20年以上も高止まりすることが見込まれ、当分の間、厳しい財政状況が続きます。今後も手を緩めることなく財政再建を進めながらも、真に求められる施策を着実に進め、市民のみなさんが安心して暮らすことのできる、住み続けたいと思うまちづくりを進めていかなければなりません。

そのために、私は、引き続き「市役所」「議会」の改革、財政再建を進めるとともに、高齢者福祉、子育て・教育、防災の分野を中心に、いま求められる政策課題に取り組んでまいります。

引き続き取り組むべき重点課題

縦割り行政の弊害を取り除き、真に市民視点に立った市民サービスの向上と、超高齢社会・人口減少時代に対応できる市役所体制を目指します。

市民が主体のまちづくりをサポートする区役所に!
-区役所の機能・権限の強化

区役所が本庁各所管を横断的に調整する総合窓口機能を持ち、地域住民と協力して地域の課題を解決する体制・仕組みをつくります。

市民視点に立ち、ムダのない効率的な行政運営に!

これまでの市役所の仕組みや発想、仕事のやり方などを見直す様々な取組みを進め、市民サービスの向上に取り組みます。

資産経営の推進!

市が保有する財産(施設・土地)の利活用・統合・売却等を積極的に進めます。

議会は、行政のチェックとともに、住民の声を行政に活かす活動を強化していかなければなりません。

住民に開かれ、信頼される議会に!

議員・議会の活動に関する説明責任を果たし、市民のみなさんからの声を聴く機会を充実させるとともに、継続的な議会改革に取組みます。

議会の機能強化!

行政のチェック機能と政策立案能力の強化に取り組みます。

「脱・財政危機」宣言化、議員報酬の削減に取り組みます!

将来負担をさらに軽減させるとともに慢性的な収支不足を解消させる取組みを強化し、福祉や子育て、防災力強化等の求められる施策を実行できる財政をつくります。
そして、子どもたちの代に安定した財政基盤を引き継ぐことを目指します。

求められる政策課題

○さらなる少子超高齢化の進展を踏まえ、高齢者福祉(地域包括ケアシステムの構築)と子育て・ 教育、将来高い確率で予測される地震への備え(防災力強化)を柱に、環境、障害者福祉等の 課題に取り組みます。
○農林業の6次産業化の推進等により、農業地域の活性化と千葉市観光資源の魅力化の実現を 目指します。

千葉市では、平成32年に高齢者人口に占める75歳以上人口の割合が過半数となります。また、総人口は、平成32年に97万4千人に達した後、減少に転じます。私は、この少子超高齢・人口減少社会に対処できる市政をつくり、財政再建と求められる施策実施の両立を目指します。
今後も、安心して暮らせる、住み続けたい千葉市にするために、全力を尽くしてまいります。